ホーム > 経営・融資・創業相談 > 経営相談 > 労働保険事務組合

労働保険事務組合

労働保険事務組合とは事業主の委託を受けて、事業主が行うべき労働保険の事務を処理することについて、厚生労働大臣の許可を受けた中小事業主等の団体です。

従業員を1人でも雇っている事業主は、どのような業種でも労働保険(雇用保険・労災保険)の加入手続きをしなければなりませんが、繁雑な事務手続きが負担になっている場合が少なくありません。事業主のみなさんに代わって雇用保険の届出・保険料の申告納付など面倒な事務をお引け受けするのが、労働保険事務組合です。

労働保険

事務委託できる範囲

  • 労働保険の申告・納付
  • 保険関係の成立届・雇用保険事業所設置等に関する事務
  • 労災保険の特別加入等に関する事務
  • 雇用保険の被保険者に関する事務
  • その他労働保険についての申請、届出、報告に関する事務

事務委託するメリット

  • 事業所が直接、安定所や監督署に行く手間が省けます。
  • 労働保険料を3回に分納することができます。
  • 労働保険に加入することができない小規模事業主・役員・家族従業員なども労災保険に特別加入することができます。

事務委託できる方

商工会議所の会員であり、常時使用する労働者が下記の範囲であることが条件となります。

  • 金融・保険・不動産・小売業
    50人以下
  • 卸売・サービス業
    100人以下
  • その他の事業
    300人以下

事務委託手数料(年間)

従業員 1名~4名 5名~15名 16名~
雇用 6,480円 9,072円 12,960円
労災 3,240円 3,240円 3,240円
合計 9,720円 12,312円 16,200円

※特別加入 @540(加入1名につき)

雇用保険料率

平成29年度の雇用保険料率(PDFデータ)

お問い合せ先

田川商工会議所労働保険事務組合
TEL:0947-44-3150